転職活動は働きながらが正解!会社にバレないテクニックも伝授

kohei

・働きながら転職活動をするのか退職してから転職活動をするどっちが良いのかな?
・会社にバレずに転職活動したいなあ。

今日は働きながら転職活動する方がいいのかという疑問を解消していきます。

いざ転職をしようと思っても仕事を続けながら転職活動をするのか退職してから転職活動をするのか迷ってしまいますよね。

それぞれメリットデメリットがありますがどうすれば転職活動がうまく進むのかや迷った時のアドバイスと合わせて紹介していきます。

kohei紹介

この記事を読んで分かること
・仕事を続けながら転職活動をするメリット・デメリット
・仕事を辞めて転職活動をするメリット・デメリット
・会社にバレずに転職活動を行うテクニック

働きながら転職活動はするべき

仕事をする外国人男性達

私も過去に3回ほど転職活動をしていましたがいずれも会社に在籍しながら転職活動を行っていました。

結局転職はしなかったものの会社を辞めずに転職活動を行なって正解でした。

理由は以下です。

✔︎ 収入が安定している
✔︎ 転職しないという選択も可能

私は転職活動を仕事を辞めずに行なっていたのでまずは仕事を続けながら転職活動をするメリットを紹介します。

まずは働きながら転職活動を行うメリットを紹介します。

収入が途切れない

働きながら転職活動をする最大のメリットは転職活動を行なっていても毎月の給与がきちんと支払われることです。

もちろん退職してしまったら給与が支払われません。

忙しくても給与が入ってくる方が気持ち的に安心して転職活動を行うことが出来ます。

転職しないという選択肢にも対応できる

転職エージェントに聞いたことがあるのですが転職活動を行なっていても自分の希望の会社がないという理由で

3割~4割程度の人が転職活動を辞めてそのままの会社で働くという選択をするそうです。

もし退職して転職活動を行なってしまって希望の転職先がなかったら路頭に迷うことになりかねないですね。

働きながら転職活動を行うデメリット

タイピングしている人

ここまでは働きながら転職活動するメリットに関して話しましたがデメリットも合わせて紹介します。

かなり忙しくなる

働きながら転職活動する最大のデメリットは忙しくなります。

通常の業務に合わせて職務経歴書や求人をみたりエージェントとの電話面談や応募先の面談などなど半端なくやることが増えます。

通常の仕事が忙しい人は思うように転職活動がうまくいかないケースも多くあります。

選考が平日に入れば行けない

外回り営業などで外出が多い場合には問題ないですがデスクワークなどで普段会社で仕事をしている人は転職の面接で外に出にくいですよね。

選考が平日の日中に入ってしまうと会社を休まないといけないので休みや外出に柔軟に対応できない会社は働きながら転職は非常に難しいです。

メリットとデメリットありますが働きながら転職活動をすることをオススメします。

収入を安定させるという点であったり転職しないという結論になったとしても逃げ道があるので気持ち的な余裕が生まれます。

退職して転職活動を行うメリット

書類を書く男性

一般的に働きながら転職する人が多いですが、退職して転職活動をするメリットもあるのでデメリットと合わせて紹介します。

準備がしっかりできる

会社を辞めると転職活動の準備に専念することが出来ます。

一般的に書類選考の通過率は約20%程度と言われていますが履歴書や職務経歴書などの準備がきちんとできるので書類選考などで落とされる確率が少なくなります。

転職エージェントからオススメと紹介された企業でも職務経歴書などがきちんとかけていないと普通に落ちるので注意が必要です。笑

退職して転職活動を行うデメリット

怒っている女性

退職して転職活動を行う最大のメリットは転職に割ける時間が増えることです。ここでデメリットに関しても解説します。

仕事をしていない期間ができる

会社を退職して転職活動をすると自分のキャリアに空白の数ヶ月間が生まれることになります。

新しく採用する企業にとっては長すぎる仕事をしていない期間を良しとしない企業も多くあるので長引きすぎたら間違いなく転職活動が不利になります。

失敗したら後がない

仮に転職活動がうまくいかず長期間新しい企業の内定が取れなかった場合、無収入で会社も決まらないとなったらニートになります。

どんなに自信があっても必ずうまくいくという保証はないので辞めて転職活動をすると精神的に非常にキツくなります

働きながら転職活動をする
 収入が途切れない
 転職しないという選択肢も選べる
 かなり忙しくなる
 選考が平日に入れば行けない
退職して転職活動をする
 準備がしっかりできる
 仕事をしていない期間ができる
 失敗したら後がない

会社にバレずに転職活動をするためには

パソコンを操作する男性

働きながら転職活動をする方が私のオススメです。

転職活動をしているのが会社にバレると仕事が周りの目やボーナスが減ったりといいこと無しです。

会社にバレないように転職活動をするテクニックを紹介します。

会社のパソコンやスマホで転職サイトを見ない

当たり前ですがバレたくなければ絶対会社用のPCやスマホで転職活動をしないようにしましょう。

履歴やサイトを消したとしても過去の閲覧履歴から他のサイトの広告に転職関連の広告が表示されます。

ジョルダン

今はコロナの影響で特に多くなっていますが会議の時に自分のパソコンを画面に投影したときに転職の広告が表示された同期が上司にこっぴどく怒られていたので気を付けましょう。

休みをコントロールする

転職を進めるにあたって最大の難関が平日の日中の採用面接です。

社内で勤務している人が平日に何も予定がないのに外出するのは怪しすぎますよね。

そこでどんな人でも怪しまれずに休むテクニックを伝えます。

✔︎ 事前に病気がちな自分を演じておく
✔︎ 家族を理由に休む
✔︎ 転職エージェントに根回しをする

休む際の1番のポイントは「怪しまれないこと」が最重要です。

マスクをしたり早退や病院に行ってから仕事に行くことをしておくと休む連絡を入れてもそういえば最近体調悪そうだなで怪しまれません。

会社を休んでも家族が休んでいる理由だと理由を深く聞きにくい雰囲気ができます。

家族が体調不良でも怪我をして動けないでもいいので家族をネタに使いましょう。

合わせて転職エージェントもうまく使いましょう。平日の日中が忙しいのはあなただけではないです。

転職エージェントは企業の担当者と繋がりがあるので日中は忙しいのでWEB面接にしてもらったり仕事終わりに面接をしてもらうように動いてもらいましょう。

転職活動を成功させるために

勉強

会社で仕事をしながら転職活動をするのはかなり労力がかかりますよね。

転職エージェント登録や面談や職務経歴書作成や企業との面接などなどかなり大変です。

この記事では実際に私が転職活動を行なってきた中で分かったコツやこれから転職活動を行う方へ記事を書いていきます。

社会人5年目で大手の外資系企業やユニコーン企業などから内定をもらっていたので少しでも参考になればと思います。

▼転職活動のコツや体験談など▼

転職関連の記事はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です