英語を速読したい人へ最強の勉強法【偏差値48からのTOEIC840点取得】

・英文を読むのが遅くて困っている
・英語が早く読めるようになる勉強方法を知りたい

この記事では英語の速読の勉強方に関して紹介します。

 

TOEICなど受験したことのある人は多いと思いますが短時間で多く文章を読まないといけない機会がかなり増えています。

私はTOEIC840点ですが後半は伸び悩み速読のトレーニングを重点的に行なっていました。

 

よく聞かれるのが「もともと英語できてたんでしょ!?」という質問をよくされますが私は高校時代は英語全然できませんでした

模試の結果

この前実家に帰ったときに全国模試の結果を見つけましたが3の全国模試の英語の偏差値48でした。笑

偏差値48からTOEIC840点を取得できた速読の勉強方法に関して紹介です。

 

別記事でTOEIC840点取得するまでの完全マニュアルをかなり詳しくまとめました。

→TOEICを独学で勉強するロードマップ【偏差値48からTOEIC840点取得】

合わせて英語を仕事でも使えるレベルまでにペラペラにした勉強方法をかなり詳しくまとめました。

→独学で英語は伸ばせる!【偏差値48から英語ペラペラ&TOEIC840点達成】

この記事を読んで分かること
✔︎ 正しい速読の勉強方法
✔︎ 自分が使っていた速読の教材

英語を速読するための勉強方法

様々な速読の勉強方法を試してきましたが結論から言うと音読が最強かつ最短で速読できるようになります。

分かりやすく言うとある日ふと文章がスラスラ読めるようになりました。

胡散臭いですが音読は速読をする上で最強の勉強方法です。

具体的な速読の勉強方法は以下です。

①速読する目標物を決める
②文章の意味を自分で考える
③声に出して文章を読む

注意点などもあるので順番に解説します。

速読する目標物を決める

この記事を読んでいる人はTOEICIELTSなど英語系の資格の勉強をしている人が多いと思います。

TOEICの文章を早く読みたいならTOEICの問題IELTSの問題を早く読みたいならIELTSの文章を使って音読することがポイントです。

それぞれの問題に慣れると言う意味でも速く読みたい文章を教材に使いましょう。

たまに他のサイトで好きな映画のセリフを音読したり英字新聞を音読する勉強方法が載っていますが効果は薄れると思います。

文を訳してみる

速読したい文章を11文訳してみましょう。

すぐ答えを見ても良いですが自分がどう言う思考回路で文章の訳をしたのか覚えておくことで次に訳するときに間違いにくくなります

声に出して読む

ここで重要なことが2つあります。

  • 前から読んで読み終わった単語には返らない
  • とにかく速く読む

速読の勉強方法で音読を紹介していますが「速読=文章の意味を速く理解する」トレーニングです。

ここで文章の構造を気にして後ろから前に返って読んでしまったら返って遅くなります。

例えば「I like you.」って見た瞬間に意味が分かりますよね。

速読できない(意味がすぐ分からない)文章というのは文を訳すのに時間がかかっているはずです。

絶対読んだ単語に返らず最初はできなく無理やりでも良いので前から何度も読むようにしましょう。

重要なこと2つ目が正確に速く読むことです。

英語を速読できる最大スピードは声に出して読めるスピードと同じです。

いくら目で早く文章を追えたとしても口に出して読めるスピードが遅かったらそれが速読できる最大のスピードになります。

声に出して読むことも重要ですが小声でも良いのでできるだけ早く声に出して読むようにしましょう。

どのくらいで成果が出るのか?

砂時計

僕は音読のみの勉強を毎日30分~1時間程度毎日欠かさず行なっていました。

効果を体感するのは人によって様々だとは思いますが少し効果を実感するまでに最低でも2~3ヶ月程度かかります。

1ヶ月程度で効果を実感してもたまたまかもしれないので毎日継続しましょう。

オススメ速読教材

英英辞書

英語資格系の勉強で速読をしている人が多いと思いますが資格取得が目的の速読をしないあなたのために至極の速読教材を1つ紹介します。

正直色々試しましたがあまり面白くなく続かなかったです。

速読英単語 入門編

速読英単語シリーズは3種類ありますが1番やさしい「入門編」がオススメです。

左側に英文、右側に日本語訳があるので意味の確認や音読がかなりしやすい機能的な1です。

他の英語関連の記事はこちらから!

僕は高校3年生の時の全国模試の英語の偏差値が48でしたが

今はTOEIC840点を獲得して英語を仕事で使えるまでになりました。

 

この経験を活かして英語をペラペラ話す方法や独学での勉強の仕方など記事にしているのでぜひ他の記事も見てみてください。

英語に関する記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です