P&Gへ転職!オンラインテストの内容は?2020年5月に受験したのでレビューします

kohei

・P&Gのオンラインテストってどんな内容が出るのかな
・テストを受ける前の失敗しないコツなど知りたい

この記事ではPGの転職のオンラインテスト』に関する疑問を解消していきます。

現在私は転職活動中で2020年5月15日にPGのオンラインテストを受験してきました。

外資系企業のオンラインテストって特殊なイメージありますがオンラインテストで不合格って少しもったいないような気がしますよね。

今回はPGの転職をする時に受験するオンラインテストに関して受験期限や時間や問題の形式など解説していきます。

最近受けたのでかなり新しい情報をお送りできると思います。

この記事を読んで分かること
・P&Gのオンラインテストの流れ
・どんな問題が出題されるのか
・オンラインテストで力を発揮するために

P&Gの転職のオンラインテスト流れ

P&Gのオンラインテストの流れは以下です。

①個人パスワードを発行
②受験言語設定
③ピークパフォーマンスアセスメント
④インタラクティブアセスメント

順番にどのようなものか解説していきます。

実際のオンラインテストは③と④で平均して50分程度かかります。

個人パスワードを発行

PGの人事担当からメールでオンラインテストの受験の案内が届きます。

まずは採用マイページへのログインの個人パスワード発行を行いましょう。仮パスワードを入力して個人パスワードを設定して完了です。

3分もあればすぐできるので先に行なっておきましょう。

受験言語設定

ここからは実際にテストを受けている時の話になります。

マイページにログイン後に受験言語を選べます。もともとは英語で設定されていますが日本語に設定しておきましょう。

英語日本語だけじゃなく全世界の言語を選ぶことができます。言語設定ができたら実際のテストです。

ピークパフォーマンスアセスメント

ピークパフォーマンスアセスメントからは実際のオンラインテストになります。

分かりやすくいうと適性検査のような要素が含まれています。

適性検査のような項目と合わせて実際の仕事で起こりうりそうなケーススタディーとそれに対して自分はどういった行動をとるかの質問がされます。

私が質問された内容を参考程度に載せておきます。

実際の質問
上司から事務用品の発注の依頼を受けた。
同じような事務用品が数多くあるがその時あなたはどのような行動をとりますか?

という質問がありこれに対して5択の自分が取る行動を選ぶという形式です。

私の場合自分の行動に対する質問が7問ありました。

その後「当てはまる・当てはまらない」問題が複数問続きます。

回答に制限時間はないですが約20分ほどかかります。

インタラクティブアセスメント

ここは算数のような計算や図形や集中力が試される問題で制限時間があります。

インタラクティブセグメントのパートは必ず問題に入る前に制限時間とチュートリアル(サンプル問題)が出題されます。

チュートリアルでしっかり内容を理解しておかないと問題が解けないので理解できない人はこの記事と合わせてみてみてください。

実際に出題された問題は以下です。

①数式の問題
②図形と数字に対応する問題
③点を覚える問題

どんな問題だったか少し解説を加えながら説明します。

①数式の問題

1から9までの数字を1回づつ使って数式を完成させる問題です。

最初の方は小学1年生レベルの問題から少し面倒な問題があり制限時間内にひたすら解いていきます。

後半になるにつれて複雑に数も多くなっていきます。

■問題サンプル
●×●=6
(●×●×●)-● =151

②図形と数字に対応する問題

三角形など4つの図形に対して数字がついており問題は4つの図形の順番が変わっておりそれに対する数字を答えます。

インタラクティブアセスメントの中の問題でも一番簡単でした。

ここは対策しないでもチュートリアルを見るだけで十分です。

③点を覚える問題

これが一番厄介でした。笑 

内容としては非常にシンプルですが集中していないと絶対間違います。

結論、点が点滅した順番を覚えるという問題です。

  • 画面に20個くらいの点がありどこかの点が点滅
  • 問題(図形は左右対象かなど)
  • 同じ点の画面が表示され別の場所が点滅
  • 問題(図形は左右対象かなど)
  • 同じ点の画面が表示され別の場所が点滅

これが繰り返されます。

途中で挟まる問題はそこまで難題ではないですが5回ほど繰り返されるので少し厄介です。

最後に点が表示された順番を回答する問題形式になります。

オンラインテストで失敗しないために

P&Gの転職者向けのテストは正直難しくはなかったですが普段は使わないような頭を使うので非常に厄介な問題が多いです。

実際に受験して失敗しないための方法をまとめました。

  • 頭が疲れていない時に受験

  • 自宅など集中できる環境で受験する

上記の2つの要素が揃うだけでも十分合格に近づけます。

土日で仕事がない時や朝の頭が冴えているタイミングで行いましょう。

P&Gに転職するためには

PGは外資系消費財メーカーですが超有名企業なので世界中から応募が殺到しています。

実際にPGの採用サイトを見ても募集がかかっていますが採用されにくいです。

というのも優秀な人材を採用するためにプロの転職エージェントに見つけてきてもらった方が優秀で会社にマッチする人材を探してきてくれるからです。

実際私も転職エージェントに登録して転職エージェント経由でPGへの転職の誘いをもらうことができました

この記事では実際にPGへの誘いをもらうことができた転職エージェントを実名公開します。


・ビズリーチ
・リクナビNEXT

上記2つがP&Gの転職をする上で近道になります。

1つずつ解説していきます。

ビズリーチ | 高収入案件が多い!

こんな人材どこで!のフレーズのCMでおなじみの『ビズリーチ』です。

dodaと同じく転職する上では外せない転職エージェントです。

ビズリーチの特徴は他のサイトより年収レンジが高いことと意外な優良案件が多いです。

ビズリーチは年収が600万以上の求人が多いので年収アップをする人にはオススメす。

ビズリーチ上では様々な転職会社のエージェントとのマッチングの場でもあります。

ビズリーチチャット画面

モザイクをかけていますが99件転職エージェントや企業から来ています。こういう風にP&Gの案件を紹介してもらいました。

\高収入や優良企業への転職!/

ビズリーチの登録はこちらから

リクナビNEXT | 転職決定者数No.1

リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営する『リクナビNEXT』の紹介です。

リクルートグループが運営するということもあってリクナビNEXTにしか無い求人が多いです。

転職活動をする8割以上が使っており転職先の決定数もNO.1です。

唯一のデメリットがメールがかなり多く届くので振り分けをしておきましょう。

\リクナビ限定求人が豊富!/

リクナビNEXTの登録はこちらから

転職活動を成功させるために

勉強

会社で仕事をしながら転職活動をするのはかなり労力がかかりますよね。

転職エージェント登録や面談や職務経歴書作成や企業との面接などなどかなり大変です。

この記事では実際に私が転職活動を行なってきた中で分かったコツやこれから転職活動を行う方へ記事を書いていきます。

社会人5年目で大手の外資系企業やユニコーン企業などから内定をもらっていたので少しでも参考になればと思います。

▼転職活動のコツや体験談など▼

転職関連の記事はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です