【英語・日本語字幕】マークザッカーバーグ ハーバード大学卒業スピーチ全文2017年度

マークザッカーバーグスピーチ

kohei

✔︎ マークザッカーバーグのハーバードのスピーチの日本語と英語訳が知りたい!

この記事では2017年のハーバード大学でFacebookの創業者のマークザッカーバーグが行った

卒業スピーチ(Commencement Speech)の英語と日本語訳をまとめました。

英語学習、特にシャドーイングが行いやすいように日本語と英語字幕付きの動画も作ったので合わせて見てみてください。

冒頭部分

Dr. Mark Zuckerberg
マークザッカーバークさん

I love this place.
私はこの場所(ハーバード)が好きです

Thank you all for coming out in the rain.
こんな土砂降りの雨の中集まってくれて皆さんありがとうございます。

The pouring rain. we're going to make this worth it for you.
皆さんのために卒業スピーチを価値のあるものにしましょう!

president Faust Board of overseers
ファウスト総長、監督委員会の皆さん

faculty, friends, alumni,proud parents

教授陣、友達、同窓生、誇らしく思っているご両親

members of the adboard
それから諮問委員会のみなさま(笑)

and graduates of the greatest University in the world.
そして世界で最も優秀な大学を卒業される皆さん!

I'm honored to be here with you today
卒業生のみなさんと今日ここにいれる事を誇りに思います

because let's face it
なぜなら、考えてみて下さい

you accomplished something I never could.
僕ができなかった事(卒業)ということを成し遂げるからです。

If I get through this speech today,
もし今日このスピーチを終えることができたら

it'll be the first time I actually finished something here at Harvard.
ハーバードで最初に成し遂げたことになるでしょう(笑)

Class of 2017, Congratulations!
2017年卒業生の皆さん、おめでとうございます!

ハーバードでの思い出

Now I'm an unlikely speaker today.
卒業スピーチの登壇者としては少し変わっているかもしれません

Not just because I dropped out
大学を中退しただけでなく

but because we're technically in the same generation.
実質みなさんと同世代になるからです

We walked this yard less than a decade apart.
10年も経っていない前、同じキャンパスを歩いていました

We study the same ideas and slept through the same at Ec10 lectures.
同じアイデアを学びEC10(経済)の講義で居眠りをしていました。

We may have taken different roads to get here.
卒業までの道のりは同じではないかもしれません

Especially if you came all the way from the quad.
特にクワッドからきた人たちはそうかもしれません。

But today I want to share what I've learned about our generation
今日シェアしたいことは、私達の世代が学んだこと

and the world, we're all Building Together.
そして一緒に世界を作り上げていくことに関してです。

But first, these last couple of days brought back a lot of good memories.
でもその前に、ここ数日でいい思い出をいくつか思い出しました。

How many of you remember exactly where you were
and what you were doing
何人が正確にどこにいて何をしていたのか覚えていますか?

when you got that email telling you got into Harvard?
ハーバード合格のメールを受け取ったときです。

I was playing I was playing the video game civilization,
私は「シビライゼーション」というゲームをしていました

And I ran downstairs, got my dad, and for some reason
そして階段を降りて父に声をかけました

His first reaction was to video me opening an email
父は私が合格通知を開くところをビデオで撮り始めました。

that could have been a really really sad video.
それがとても悲しいビデオになるかもしれないのに!笑

But I swear, getting into Harvard
is the thing my parents are most proud of me for.
ですがハーバードへの入学は両親が私に1番誇りに思っていることです。

My mom is nodding.
私の母もうなずいています。

You all know talking about
でも私が言ってることは分かりますよね!

Look guys It's tough to beat this you'll see get out there.
卒業してからこれ以上のこと(ハーバードへの入学)
をするのは難しいってことです!

How many of you remember your first lecture here at Harvard?
どのくらいの皆さんがハーバードでの最初の講義を覚えてますか?

Mine was computer science 121 would with incredible Harry Lewis.
私はハリー教授の「コンピューターサイエンス121」でした。

I was running late for class.
その講義に遅刻していて

So I threw on a T-shirt
急いでTシャツを着て行きました

and I didn't realize until afterwards. I put it on inside out and backwards,
あとで気がつきましたが、Tシャツの表裏を反対に着ており

My tag was sticking out the front.
服のタグが外に出ていました。

I couldn't figure out why no one in class would talk to me.
なぜ講義に出ている人が話しかけてくれないのか分かりませんでした。

Except for this one guy. KX, Jen, he just went with it.
唯一、KXジェンだけ気にせず話しかけてくれました。

We start doing our problem sets the other
私たちは同じ課題を解決するようになり

and now he runs a big part of Facebook.
今ではFacebookの重要なメンバーです。

And that class of 2017 is why you should be nice to people.
だから卒業生の皆さん、友達には優しくしましょう。

But my best memory from Harvard is meeting Priscilla.
ですがハーバード大学での1番の思い出は
(奥さんの)プリシラと出会ったことです。

I had just launched this prank website Facemask.
ちょうどいたずらで「Facemash」を立ち上げたばかりで

And the adboard wanted to see me.
そして諮問委員会が私に会いたがってた(笑)

Everyone thought I was going to get kicked out
みんな私がハーバードを退学になると思ってました。

my parents drove up here to help me pack my stuff.
両親は退学になると思って荷造りの手伝いに来ていました。

My friends threw me a going away party.
友達はお別れのパーティーを開いてくれました。

Who does that?
誰がパーティーを開いたんだ!(笑)

As luck would have it, Priscilla was at that party with her friends.
幸運なことにプリシラは友達とそのパーティーに来ていました。

And we met in line for the bathroom in the Foho Bell Tower
私達はFoho Bell Towerのトイレ待ちの列で出会って

and then one must be one of the all-time most romantic lines,
最高にロマンチックなセリフをいうべき時に

I turned her and said
彼女を振り向かせてこう言いました

I'm getting kicked out in 3 days. So we need to go on a date quickly.
「あと3日で退学になるから早くデートしよう」ってね。

Actually any of you graduating today can use that line.
実際ここにいる皆さんがこのセリフを使うことができます

I'm getting kicked out today. We need to go on a date fast.
今日でハーバードを卒業しちゃうから早くデートに行こう。

I ended up getting kicked out. I did that to myself.
結局退学にはならなかったけど、あとで自分で退学しました。

Priscilla and I started dating
そしてプリシラと付き合い始めました。

and you know, the movie made
ちなみに、映画の中では

it seem like facemash was so important
to starting Facebook. It wasn't.
フェイスブックを立ちあげるのに
フェイスマッシュは重要と描かれていたが、実際はそうではないです。

But without facemash I never would have met Priscilla
ですがフェイスマッシュなしにプリシラに出会うことはありませんでした。

and Priscilla is the most important person in my life.
そしてプリシラは人生の中で最も重要な人です。

So you could still say was
the most important thing I built in my time here.
なのでハーバードで得た最も大切な事になります。

We have all started lifelong friendships here
皆さんがここで一緒の友達を見つけます

and some of us even families.
中には家族を見つける人もいるでしょう。

That's why I'm so grateful to this place.
だから私はハーバードに感謝しています。

Thanks Harvard.
ありがとう、ハーバード大学!

目的意識を持つこと

Today I want to talk about purpose.
今日は「目的」に関してお話しします。

I'm not here to give you the standard commencement
about finding your purpose.
目的を探すことに関して普通のスピーチをするつもりはありません

We are millennials.
私達はミレニアル世代だからです。

We try to do that instinctively.
私達の世代は自然にやろうとしますよね。

Instead, I'm here to tell you
that finding your purpose isn't enough.
代わりに、目的を見つけるだけでは十分じゃない事をお伝えします。

The challenge for our generation is
to create a world where everyone has a sense of purpose.
私達世代の挑戦すべき事は、誰もが目的意識を持った世界を作る事です。

one of my favorite stories
私が好きな物語があります。

Is when JFK went to go visit the NASA Space Center
ケネディ大統領がNASAを訪れた時の話で

and he saw a janitor holding a broom
彼はほうきを持った清掃員を見つけて

and he asked him what he was doing in the janitor replied,
何をしているのかと清掃員に質問して、その答えが

Mr. President. I'm helping put a man on the moon.
「大統領、私は月へ人類を送る手伝いをしています」

Purpose is that feeling
that you are a part of something bigger than yourself.
目的とは自分より偉大な何かに貢献していると感じる事です。

That you are needed.
自分は必要だと感じる事です

And then you have something better ahead to work for.
何かをより良くするために頑張る事。

Purpose is what creates true happiness.
「目的」は真の幸福を産み出します。

And you were graduating at a time when this is especially important.
あなた達はこれが重要な時に卒業しようとしています。

When our parents graduated
私たちの両親が卒業した時は

that sense of purpose reliably came from
目的意識は確実に得ることができました

your job your church your community.
仕事や教会やあなたのコミュニティからです。

but today
しかし今日では

Technology and automation are eliminating many jobs.
技術と自動化は多くの仕事を奪っています。

Membership in a lot of communities has been declining
コミュニティの関わりは減ってきており

and a lot of people are feeling disconnected and depressed
そして多くの人々は繋がりを失い失望して

and her trying to fill a void in their lives.
人生の寂しさを埋めようとしています。

As I've traveled around
私が世界各地を旅行で訪れて

I've sat with children in juvenile detention and opioid addict
少年院で生活する子供のやモルヒネ中毒の横に座って

to told me thatmaybe their lives would have turned out differently
全く人生は違っていたかもしれないと打ち明けられました

if they just had something to do
もし何かすることや

and after-school program or somewhere to go.
放課後の課外学習やどこが行く場所があればです。

I've met factory workers
私は工事雨で働く労働者にも会って

who know their old jobs aren't coming back and
彼らは古い仕事はもう戻ってこないと分かっていて

are just trying to find their path ahead.
新しい仕事を探していました。

For society to keep moving forward
社会を前進させていくためには

We have a generational challenge to not only create new jobs,
私達の世代的な課題は新しい仕事を生み出すだけではなく

but create a renewed sense of purpose.
目的意識を作ることです。

I remember that night
I launch Facebook from that little Dorman Kirkland house.
私がカークランド寮の小さな部屋で
フェイスブックを作った夜のことを覚えています。

I went to Nock's with my friend KX.
私は友達のKXとNock's(ピザ屋)へ行き、

and I remember telling him clearly that
私ははっきりと彼にこう言ったのを覚えています。

I was excited to help connect the Harvard Community,
ハーバード内のコミュニティを繋げる事はワクワクするが

but one day someone would connect the whole world.
いつか誰かが世界中を繋げるだろうと。

The thing is it never even occurred to me that someone might be us.
つまりその「誰か」が自分達だとは思っていませんでした。

We're just college kids.
私達はただの大学生です。

We don't know anything about that.
何も業界についてなど知りませんでした。

There were all these great big technology companies
with all these resources
たくさんの資源を持つテクノロジーの会社がたくさんあって

and I just assumed I would do it.
そのうちどの会社かがやると思っていました。

But this idea was so clear to us that all people want to connect
しかし私達にも人々が繋がりたがっているという事は分かっていました

so we just kept working on it day after day after day.
だから私達は日々、前進をしています

And I know that a lot of you will have your own stories just like this
多くの皆さんにも同じような話があると思います。

A change in the world that seems so clear
世界の変化はとても明らかだから

that you were sure someone else is going to do it,
誰かがそれをしてくれるだろうと確信しているはずです。

but they're not you will.
しかし「誰か」ではなく「あなた」がそれをするのです

But it's not enough to have that purpose yourself.
ですが自分自身の目的を見つけるだけでは不十分です。

You'll still have to create a sense of purpose for others.
他人にも目的意識を持てるようにしてあげるべきです。

And I found that out the hard way.
私は苦労してこの事に気がつきました。

You see my Hope was never to build a company,
私がしたかった事は会社を作ることではないです。

I wanted to have an impact
私は影響力を持ちたかったです。

and is all these people started joining us
多くの人々が会社に入ってきましたが

I just assumed that that's what they wanted to do too
彼らも同じように影響力を持ちたいと思っていました。

so I never took the time to explain what it was that I hope we built.
だから自分が築きたい事に関して説明の時間を割きませんでした。

A couple years in some big companies wanted to buy us.
数年後、いくつかの大企業が買収の話を持ちかけてきました。

I didn't want to sell.
しかし私は会社を手放さしたくなかったです。

I wanted to see if we could connect more people
それよりより多くの人々が繋がった世界を見てみたかったです。

and we were building the first version of Newsfeed at the time
そしてその時、1番初めの「ニュースフィード」を作っていて

and I thought we could just launched this
その時に思ったのが、もしこの機能を公開したら

you could change how we all learn about the world.
世界について知る方法を変える事ができると思いました。

Nearly everyone else wanted to sell.
ほとんどのみんなが(会社を)売りたがっていました。

Without a sense of higher purpose
もし高い目的意識がなかったら

This was their startup dream come true
これ(買収)でスタートアップ企業の夢が叶っていたでしょう。

and it tore our company apart.
それで会社はバラバラになりました。

After one particularly tense argument
ある激しい激論のあとで

one of my closest advisors told me
私に最も近いアドバイザーの1人が

if I didn't agree to sell the company right now,
もし今ここですぐに会社を売却する決断をしなかったら

I would regret that decision for the rest of my life.
一生後悔すると言われました。

Relationships were so afraid
関係性はボロボロになって

that within a year or so
1年以内に

every single person on our management team was gone.
経営陣全員が会社を去りました。

That was my hardest time leading Facebook.
その時がフェイスブックを経営して1番ツライ時でした。

I believed in what we were doing but I felt alone.
私は自分のやったことを信じていましたが、孤独な気分でした。

And worse It was my fault.
さらに悪い事に、それは自分の過ちでした。

I wondered if I was just wrong and imposter
私は悩みました。自分は間違っていたのか?詐欺師なのか?

A 22 year old kid who had no idea how things actually worked.
それとも22歳の世間知らずの子供なのかと悩んでいました。

Now years later, I understand that that is how things work
when there's no sense of higher purpose.
数年経って、それは高い目的意識がない時に起こる事だと分かりました。

So it's up to all of us to create it
だから目的意識を作れるかどうかは自分達次第で

so we can all keep moving forward together.
目的意識があればみんなで前進する事ができます。

And today I want to talk about three ways
そして今日は3つの方法に関して話したいと思います

that we can create a world where everyone has a sense of purpose.
みんなが目的意識を持った世界を作る方法です。

By taking on big meaningful projects together.
大きくて意味のあるプロジェクトに一緒に取り組む事

By redefining equality
平等性を再定義して

so everyone has the freedom to pursue their purpose.
みんなが目的を追える自由を持つ事。

and by building Community all across the world.
そして世界単位のコミュニティを築き上げる事です。

大きくて意味のあるプロジェクトに取り組むこと

So first let's take on big meaningful projects.
まずは「大きくて意味のあるプロジェクトに一緒に取り組む事」です。

Our generation is going to have to deal with
tens of millions of jobs replaced by automation
私達の世代は何千もの仕事が
自動化によって置き換えられる事に対応しないといけない

like self-driving cars and trucks,
自動運転のようなものですね。

but we have the potential to do so much more than that.
ですが、私達はそれ以上のことができる可能性を秘めています

Every generation has its defining works.
それぞれの世代が偉業を成し遂げてきました。

more than 300,000 people work
to put that man on the moon including that janitor.
清掃員も含めて30万人以上の人々が月への計画のために働きました。

Millions of volunteers
immunize children around the world against polio.
何百万人ものボランティアがポリオの予防接種をしました。

and millions of more people
そして何百万人もの人が

built the Hoover Dam and other great projects.
フーバーダムの建設やその他の偉大なプロジェクトに携わりました。

And now it's our generations turn to do great things.
そして次は私達世代が偉業を成し遂げる番です。

Now I know maybe you were thinking
おそらく皆さんはこう考えているでしょう。

I don't know how to build a dam.
「ダムの作り方なんて分からないよ」

How do I get a million people involved in anything?
「何百万人もの人を巻き込む方法が分からないよ」

Well, Let me tell you a secret.
そこで、皆さんに秘密を教えましょう。

No one does when they begin.
やってみるまで誰にも分からないです。

Ideas, don't come out fully formed.
アイデアは完全な形でやってこないです。

They only become clear as you work on them.
取り掛かって初めて明確になります。

You just have to get started.
とにかく始めてみなければなりません。

If I had to know everything
about connecting people before I got started
もし始める前に人々の繋がりを全て理解していたら

I never would have built Facebook.
フェイスブックはできてなかったでしょう。

Movies and pop culture just get this all wrong.
映画やポップカルチャーは全て間違っています。

The idea of a single Eureka moment is it dangerous lie
ひらめく瞬間があるというのは大きな嘘です

it makes us feel an addict.
この間違いは私達を中毒にされています。

Because we feel like we haven't had ours yet.
なぜならそんな瞬間はなかったからです。

And it prevents people would see the good ideas
from ever getting started in the first place.
そしてその嘘は、いいアイデアを持つ人たちの始めの行動を妨げます。

Oh and you know
あ、そういえば

what else movies get wrong about innovation.
映画がイノベーションに関して間違っていることを知ってますか?

No one writes math formulas on glass. Okay? Alright,
誰も数式をガラスに書いたりしないよ、いいかい?(笑)

That's not a thing, Ok?
そんなのじゃないですよ!

It's really good to be idealistic.
理想主義である事はいい事です。

Be prepared to be misunderstood.
誤解される事は心得ておきましょう。

Anyone working on a big vision is going to get called crazy,
大きなことをしようとしている人は馬鹿だと言われます

even if you end up right?
たとえ最終的にそれが正しくてもですよ。

Anyone taking on a complex problem
複雑な問題に取り組んでいる人は

is going to get blamed for not fully understanding it.
完全に問題を理解していないと責められるでしょう。

even though it's impossible to know everything upfront.
事前に全てを分かるのは不可能なのに。

Anyone taking initiative
イニシアティブをとる人は

will always get criticized for moving too fast
いつも急ぎ過ぎだと批判されます

because there's always someone who wants to slow you down.
なぜなら常に足を引っ張りたい人はたくさんいるからです。

In our society
私たちの社会では

we often don't take on big things
しばしば大きな事に取り組みません。

because we're so afraid of making mistakes
なぜなら間違いをとても恐れるからです。

that we ignore all the things wrong today if we do nothing.
何もしていないという事に目を背けてしまいます。

The reality is anything we do today
Is going to have some issues in the future.
現実は何かしらしたら何かしらの問題が起きます。

But that can't stop us from getting started.
ですが何も始めないという事はやめましょう。

So what are we waiting for?
では何を待っているのでしょうか?

It is time for our generation defining great works.
私達の世代が偉大な事業に携わる時です。

How about stopping climate change before we destroy the planet
and getting millions of people involved?
何百万人もの人を巻き込んで
地球を破壊する前に気候変化を止めるのはどうでしょうか?

manufacturing and installing solar panels.
ソーラーパネルを製造したり設置したりです。

how about curing all diseases and getting people involved by asking volunteers
全ての病気を治療するためにボランティアを募って

to share their Health Data
track their health data and share their genomes,
ヘルスデータや遺伝子データをシェアするのはどうでしょうか?

you know today
知っていますか、今日では、

Our society spend more than 50 times as much
私達の社会では50倍以上のお金や時間が

treating people were sick is we invest in
finding cures to people get sick in the first place?
予防治療ではなく現在病気にかかっている人に使われています。

It makes no sense.
これじゃ意味がないですよね。

We can fix this.
なんとかしましょう。

How about modernizing democracy so everyone can vote online?
民主主義を現代化してオンライン投票できるようにするのはどうですか?

And how about personalizing education so everyone can learn?
教育をパーソナライズしてみんなが学べるようにするのはどうですか?

These achievements are all within our reach.
これらの事は全てできることばかりです。

Let's do them all in a way that gives everyone in our society a roll.
皆さんに役割を与える形で全てやりましょう。

Let's do big things.
大きなことをやりましょう。

Not just to create progress but to create purpose.
進歩だけではなく目的を作り出すためにやりましょう。

So taking on big meaningful projects together
大きな意味のあるプロジェクトに一緒に取り組むことが

is the first thing we can do
to create a world where everyone has a sense of purpose.
目的意識を持った世界を作る1つ目の方法です。

平等性の再定義

The second is redefining our idea of equality
2番目が平等性の再定義に関してで、

So everyone has the freedom to pursue their purpose.
誰しもが目的を追求する自由を持つことです。

I know many of our parents had stable jobs throughout their careers,
多くの両親はキャリアを通じて安定した仕事に就いていました。

but in our generation, we're all a little entrepreneurial
ですが私たちの世代ではみんな企業家的です

whether we're starting our own projects or
finding our role in another one
何か新しいことを始めたり何か役割を探していたりしていてもです。

and you know, that's great
これってすごいことですよね。

because our culture of Entrepreneurship is
なぜなら私たちの企業家精神は

how we create so much progress.
多くの進歩を生み出すからです。

An entrepreneurial culture thrives
when it is easy to try lots of new ideas.
起業家文化は新しいアイデアに挑戦することが簡単ならば栄えます。

Facebook wasn't the first thing I built.
フェイスブックは私が最初に作ったものではありませんでした。

I also built chat systems and games study tools and music players
チャットシステムやゲームも学習ツールも音楽アプリなど作ってきました。

And I'm not alone.
これは私だけのことではないです。

JK Rowling got rejected 12 times
before she finally wrote and published Harry Potter
J・Kローリングはハリーポッターを出版するまで12回断られています。

even Beyonce had to make hundreds of songs to get Halo.
ビヨンセですら「Halo」を生み出すまで何百曲も作りました。

The greatest successes come from having the freedom to fail.
偉大な成功は失敗する自由があるから生まれます。

Now today we have a level of wealth inequality that hurts everyone.
しかし、富の不平等は人を傷つけるレベルになっています。

When you can't when you don't have the freedom to take your idea
and turn it into a historic enterprise,
もしアイデアを歴史的な事業に変えるという自由を持っていなかったら

We all lose.
私たち全員の損失になります

And right now today.
そして、こんにちでは

Our society is way over indexed on
rewarding people in their successful
私たちの社会では成功を過剰に称賛しますが

and we don't do nearly enough
to make sure that everyone can take lots of different shots.
誰もがチャレンジできる環境が十分にないです。

Let's face it.
これに向き合いましょう。

There is something wrong with our system.
この社会の仕組みはどこか間違っている

When I can leave here and make billions of dollars in 10 years
私がバーバードを去る時、何十億ドルと稼いだが

while millions of students can't even afford to pay off their loans
その一方で何百万人もの人が学生ローンを払えずにいて

let alone start a business.
だれも彼ら自身のビジネスを始める事は出来ていない。

Look, I know a lot of entrepreneurs
私は多くの起業家を知っていますが

and I don't know a single person who gave up on starting a business
because they were worried. They might not make enough money.
お金を稼ぐ事が出来ないから
ビジネスを始めるのをやめたという人は知りません。

But I know too many people who haven't had the chance to pursue their dreams
でも夢を追えない人が多くいる事も知っています。

because they didn't have a cushion to fall back on if they failed.
それは失敗した時によりかかれるクッションがないからです。

We all know you don't get successful
just by having a good idea working hard.
良いアイデアや一生懸命働いても成功しない事はみんな知っています。

We get successful by being lucky too.
成功は運によっても、もたらされます

if I had to support my family growing up
instead of having the time to learn how to code
もし私がプログラミングの勉強の代わりに家族を養わなければならなければ

if I didn't know that I was going to be fine
if Facebook didn't work out
もしフェイスブックがうまくいかなくても大丈夫だと分かっていたら

that I wouldn't be standing up here today.
今日ここには立っていなかったでしょう。

And if we're honest,
正直なところ

We all know how much luck
we've had to get to this point in our lives.
みんなどのくらい幸運か分かっているでしょう。

Every generation expands its definition of equality.
全ての世代が「平等」の定義を広げてきました。

Previous generations fought for the vote and civil rights.
一世代前は選挙や人権に関して戦っていました。

They have the New Deal and Great Society.
彼らの世代にはニューディール政策と偉大な社会政策がありました。

And now it's time for our generation to define a new social contract.
今度は私たちの世代の新しい社会契約を結ぶべきタイミングです。

We should have a society
that measures progress not just by economic metrics like GDP,
これからの社会はGDPのような経済指標で測るだけではなく

but by how many of us have a role we find meaningful?
どれだけ多くの人が
意味のある仕事につけているのかと言う指標で測りませんか?

We should explore ideas like Universal basic income
ユニバーサルベーシックインカムのような制度を探すべきで

to make sure that everyone has a cushion to try new ideas.
全ての人がアイデアを挑戦できるようにしなければならない。

We're all going to change jobs and roles many time,
何度も職場を変える時代だから

So we need affordable child care to get to work and healthcare
that are not tied to just one employer.
1つの雇用主に縛られない育児制度や健康管理システムが必要です

And we're all going to make mistakes.
そして誰もがミスをします

So we need a society that
the less focused on locking us up and stigmatizing us when we do.
だから塞ぎ込ませたり避難したりしない社会が必要です。

And as our technology keeps on evolving
そして技術は進歩し続けるので

we need a society that is more focused
on providing continuous education through our lives.
生涯にわたって継続的な学習することが重要です。

And yes.
そして、そうです

Giving everyone the freedom to pursue purpose isn't going to be free.
全員に目的を追求する自由を与える事は無料ではないです。

People like me should pay for it.
私のような人間がそれを払うべきです。

And a lot of you were going to do really well and you should too.
皆さんも豊になると思うのでそうすべきです。

That is why Priscilla and I started the Chan Zuckerberg initiative.
だから私達は「チェンザッカーバーグイニシアティブ」を始めました。

And committed our wealth to promoting equal opportunity.
平等な機会を推進するために財産を投じました。

These are the values of our whole generation
これらは私達世代の価値で

It was never a question of if we were going to do this.
これをやるかどうかと疑う事は一度もありませんでした。

The only question was when.
問題はいつやるかと言うことだけでした

Millennials are already one of the
most charitable Generations in history.
ミレニアル世代はすでに歴史の中で最も慈悲深い世代です。

in just one year
たった1年間で

More than three and four US Millennials donated to charity
4人に3人のミレニアル世代がなにかしらの寄付を行い、

and more than 7 and 10 raise money for another one.
10分の7のミレニアル世代が何らかのチャリティ基金を呼びかけています。

But it's not just about giving money.
しかしお金を寄付することだけではありません。

You can also give time.
時間を寄付することも出来ます。

And I promise you
私は約束できます。

if you just take an hour or two a week,
もし1週間に1時間か2時間の時間を与えて

that's all it takes to give someone a hand
and help them Reach their potential.
誰かの潜在的な能力を開かせるための助けをすることができます。

Now maybe you're thinking that's a lot of time.
もしかして長い時間と思っているかもしれません。

I'm not sure if I have that much time.
そんな時間があるかどうかなんて。

I used to think that.
私も同じことを考えていました。

You know Priscilla graduated from Harvard,
プリシラはハーバードを卒業して

She became a teacher
彼女は先生になりました。

and before she do education work with me,
教育事業を私と一緒にする前に

She told me that I need to get my own experience teaching a class
彼女は私に教師の経験が必要だと言いました。

At first I complained.
最初、私は文句を言いました。

You know, I'm kind of busy, running this company.
だってそうでしょ、私は忙しくて会社を経営しているし。

But you insisted
でも彼女は折れなかったので

So I taught. And after school program
at the local Boys and Girls Club on entrepreneurship.
だから私は地元のBoys&Girlsクラブで
中学生に起業家精神に関する授業を行いました。

I taught those kids lessons on product development and marketing
そこで彼らに商品開発やマーケテョングに関して教え、

and they taught me what it was like growing up
feeling targeted for your race
彼らが教えてくれた事は、自分の人種が目の敵にされる事や

and what it's like having a family member in prison.
家族が刑務所にいる気持ちを教えてくれました。

I shared stories of my time in school
私は学生時代の事を話して

and they shared their hope that
one day they would get to go to college to.
そして彼らもいつか大学に行きたいと希望を語ってくれました。

For five years I've had dinner with those students every month.
5年になりますが毎月彼らと夕食を取っています。

One of them even threw Priscilla and me our first baby shower.
その中の1人が私とプリシラにとっての初めての
ベイビーシャワーを開いてくれました。

And next year they're going to college.
そして翌年には、彼らは大学に行きました。

every one of them
1人残らずです。

first generation and their families
その家族の中で初めて大学進学する子供達です。

we can all make time to give someone a hand.
私たちは誰かに手を差し伸べる時間を作ることができます。

Let's give everyone the freedom to pursue purpose
全ての人に自分の目的を追求する自由を与えましょう。

not just because it's the right thing to do,
正しいと言う理由だけではなく、

But because when more people can turn their dreams
into something great
より多くの人が彼らの夢を素晴らしい事に変えれるのであれば

we are all better for it.
世の中全体がより良くなっていきます。

Purpose doesn't only come from work.
目的は仕事から来るものではありません。

コミュニティを築くこと

The third way, we can create a sense of purpose for everyone is
目的意識の社会を作る3つ目の方法は

by building community.
コミュニティを作り上げる事です。

And when our generation
私たちの世代で

when we say purpose for everyone we mean everyone in the world
私たちが「私達の目的」と言えば、
「私達」が意味するものは 世界中の人々です。

Now quick show of hands
ここで簡単に手を上げてもらいましょう

how many of you here are from another country.
外国からきた人はどのくらいいますか?

Why not keep your hands up
そのまま手を上げていてくださいね。

how many of you are friends with one of these folks?
それじゃあ彼ら友達になっている人は?

Now we're talking see we have we have grown up connected.
ご覧のように、私たちは繋がって育ってきたんです。

In a recent survey of Millennials around the world
最近の世界中のミレニアル世代のアンケートでは

ask him what most defines our identity
アイデンティティに関する質問をすると

the most popular answer wasn't nationality ethnicity or religion,
最も多い回答は国籍でも宗教でも民族でもなく

It was citizen of the world.
「世界市民」であると言う事です。

That's a big deal.
これはすごい事ですよね。

Every generation expands the circle of people we consider one of us.
それぞれの世代が「私達」と言う幅を広げてきました。

And in our generation that now includes the whole world.
私達の世代は世界中を含みます。

We understand that the great arc of human history
偉大な人類の輪の歴史は

bends towards people coming together
and in ever greater numbers from tribes to cities to Nations
部族から都市から国へと多くの人が集まり

to achieve things that we could not on our own.
自分だけでは成し遂げれなかったことを達成しています。

We just that our greatest opportunities are now global.
最大のチャンスは今やグローバルだと言うことです。

We can be the generation that in poverty that ends disease.
私たちは貧困や病気を無くす世代になることができます。

and we get that our greatest challenges need Global responses too.
私達の最大の課題はグローバルな対応が必要です。

No country can fight climate change alone or prevent pandemics,
気候変動やパンデミックを防げる唯一の国はないです。

progress now requires coming together
not just in cities or nations, but also as a global community
都市や国家だけではなく
グローバルなコミュニティとして集まれなければ進歩はないです。

But we live in an unstable time.
しかし私達は不安定な時代に生きています。

There are people left behind by globalization across the whole world
世界中にグローバル化から取り残されている人がたくさんいます。

and it's tough to care about people in other places
そして他の場所の人を気遣うのは難しいです。

when we don't first feel good about our lives here at home.
あなたの国での暮らしをよく思っていなければ。

There's pressure to turn inwards.
内側からのプレッシャーがあります。

This is the struggle of our time.
これは私達の時代との戦いです。

The forces of Freedom openness and global community
against the forces of authoritarianism isolationism and nationalism.
自由やオープン性やグローバルコミュニティの勢力、
権威主義、孤立主義、ナショナリズムの勢力の対立など。

Forces for the flow of knowledge trade and immigration
against those who would slow them down.
知識、貿易、移民の流れに賛成する勢力と、それを遅らせようとする人たちの対立。

This is not a battle of Nations.
これは国家間の戦いではないです。

There's a battle of ideas.
思想の戦いです。

There are people in every country for more global connection,
各国に、さらにグローバルなつながりに賛成する人たちがいます

and they're good people against it.
またそれに反対する人もいます。

And this isn't going to be decided at the UN either.
そしてこれは国連で決定されることではありません。

It's going to happen at the local level
地域レベルで発生していることです。

when enough of us feel a sense of purpose
and stability and our own lives
生活の中で目的意識と安定感を感じる充分の人がいたら

that we can start to open up and care about everyone else, too.
心を開いて、皆を気遣うことができます

And the best way to do that
is the start building local communities right now.
これを行う最善の方法は地域コミュニティを作ることです。

We all get a lot of meaning from our communities.
私達は全員コミュニティに意味を見出します。

Who hears from Elliott House?
(寮の)エリオットハウスの人はいますか?

How about Lowell?
ローウェルの人たちはいますか?

I know you guys found Community
皆さんはコミュニティを見つけました。

because he's literally live right on top of each other.
文字通りそのコミュニティの上で生きていますね。

And Mother?
マザーハウス寮は?

I'll just leave out there.
ここではやめておきましょう(笑)

Whether our communities or houses or sports teams
churches or acapella groups,
コミュニティが家庭でもスポーツチームでも教会でもアカペラグループでも

they give us that sense that we were part of something bigger
that we are not alone.
私達が大きな一部であり、独りではないという意識を持たせてくれます

They give us the strength to expand our Horizons.
視野を広げる力を与えてくれます。

And that's why it's so striking that over the past few decades.
だからかこ10年を見ても次のようなことが目立っています。

Membership and all kinds of communities
has declined by as much as 1/4
様々な種類のコミュニティに参加する人たちが4分の1も減っています

That's a lot of people who now need to find
a sense of purpose somewhere else.
多くの人が他の場所で目的を探さないといけないでしょう。

But I know that we can rebuild these communities and start new ones
ですがコミュニティを再構築して新しいものを作る事は可能です。

Because many of you already are.
なぜなら多くの人がすでにそこにいるからです。

I met Agnes Aghori who's graduating today
私は今日卒業するアグネス・アゴエに出会いました。

Agnes? Where are you?
アグネス、どこにいますか?

Agnes spent her childhood navigating conflict zones
with human trafficking in Uganda.
アグネスははウガンダの人身売買が行われる紛争地域で育ちました

And now she's trained thousands of law enforcement officials
to keep communities safe.
そして、コミュニティを安全に保つために数千人の職員を訓練しています。

I met Kayla Oakley and Niha Jain, graduating today too
今日卒業するケイラ・オークリーとニハ・ジェインにも会いました。

Stand Up Guys
さぁ、立って!

Kayla and Niha started a non-profit
ケイラとニハは非営利団体を立ち上げて

that connects people suffering from chronic illnesses with people
in their communities were willing to help out.
慢性的な病気にかかっている人とその地域で援助ができる人を繋げました。

I met David Razu Aznar
デイビッド・ラズ・アズナールさんにも会いました。

who's graduating from the Kennedy school today
本日ケネディスクールを卒業します。

David Stand up.
デイヴィッド、立ってください!

David is a former city councilor
デイヴィッドは元市議会議員で

who fought to make Mexico City the first Latin American city
to pass marriage equality even before San Francisco.
サンフランシスコより前にメキシコシティを
ラテンアメリカで最初に同性婚を認める都市にしました。

And this is My Story too.
これは私の話です。

A student in a dorm
寮にいた1人の学生です。

connecting one community at a time
コミュニティを1つづつ繋いで

and keeping at it until one day we can connect the whole world.
そしてそれを世界が繋がるまでやり続ける事です。

Change starts local
変化は小さな事から始まります。

Even Global change start small with people like us.
世界を変える小さな変化でさえ私達のように小さなことから始まります。

In our generation
私達の世代では

the struggle of whether we connect more
多くの人々を繋げたり

Whether we achieve our greatest opportunities comes down to this
最大級の挑戦ができるかと言う事は

your ability to build communities and create a world
where every single person has a sense of purpose.
コミュニティを築きすべての人が
目的意識を持つ世界を創造する能力にかかっています。

最後のメッセージ

Class of 2017
2017年の卒業生の皆さん、

you are graduating into a world that needs purpose.
あなた達は目的が必要な世界へと卒業していきます。

And it's up to you to create it.
それを作り出せるかはあなた次第です。

Now maybe you're asking yourself. Can I really do this?
もしかして本当に出来るのかと考えているかもしれません。

Well, remember what I told you about that class.
I taught the Boys & Girls Club.
私がBoys & Girlsクラブで教えている話をしたのを覚えていますか?

One day after class,
ある日、授業の後、

I was talking to my students about going to college
大学進学に関して生徒と話しており

and one of my top students raised his hand
そして成績の良かった生徒が手を上げて

and said that he wasn't sure
he could go to college because he's undocumented.
自分は不法滞在の移民なので、進学出来るか分からないと言いました。

He wasn't sure if they take him.
彼は大学が入学を許可するか分からなかった。

Last year, I took him out to breakfast for his birthday.
昨年、彼の誕生日に朝食に招待しました。

And I want to go to a gift so ask him what he wanted then.
ギフトをあげたかったので何が欲しいか尋ねました。

He just started talking about struggles
that he saw other students in his class face saying
彼はクラスで苦労している他の生徒に関して話を始めました。

Finally said, you know, I'd really just like a book on social justice.
そして最後には社会主義の本が欲しいと言いました。

I was blown away.
私は驚きました。

Here is a young guy who is every reason to be cynical.
冷淡になっても全くおかしくない若者です。

He wasn't sure if the country he calls home, the only one he's known
彼の唯一故郷と呼べる国、知っている国が

was going to deny him his dream of going to college.
彼の夢である大学進学を否定するかもしれない。

But he wasn't feeling sorry for himself.
でも自分自身のことを惨めに思っていませんでした。

He wasn't even thinking of himself.
自分自身のことに関してさえ考えていませんでした。

He has a greater sense of purpose
彼はより大きな目的意識を持って

and he's going to bring people along with him.
人々と共にあろうとしていました。

It says something about our situation today
that I can't even say his name
こんな状況なので彼の名前は言いません。

because I don't want to put him at risk.
彼を危険に晒したくないからです。

But if a high school senior
who doesn't know what the future holds for him
未来に何が待ち受けているのか分からない高校生が

can do his part to move the world forward
世界を全身させる一端をになっているのであれば

then we owe it to the world to do our part too.
私達も世界を前進させる役割を担うべきです。

So before you walk out those gates one last time,
みなさんがあの門を最後に出て行く前

as we sit here in front of Memorial Church
メモリアルチャーチの前に座って

I'm reminded of a prayer Misha Berra
ミーシャベラの祈りを思い出します。

That I say whenever I face a big challenge
大きな困難に直面したり

So I sing to my daughter thinking of her future
when I tuck her in at night.
娘を夜寝かしつける時、彼女の将来を思いながら唱えるものです。

and it goes
それは次のような祈りです

May the source of strength who blessed the ones before us
help us find the courage to make our lives a blessing.
先代より我らに祝福を与えてくれた力の源よ。
勇気を持つのを助けたまえ。我らの人生を祝福されたものとするために。

I hope you find the courage to make your life a blessing.
皆さんが勇気を持ちそれぞれの人生が祝福されることを願っています。

Congratulations class of 2017. Good luck out there.
2017年の卒業生の皆さん、おめでとうございます!幸運を!

ちょっと宣伝

メモ

を読んでもらってありがとうございます。

このブログでは僕の経験を元にした

  • 偏差値48からTOEIC840点への道のり
  • 無料で見れるおすすめ映画集(主に洋画)
  • 聴く読書のおすすめサービス
  • Googleへの転職の入り口

などなどこれからも発信していきます。

また別記事ではやる気が出ない時にやる気を出させてくれるYoutube動画をまとめたのでこちらも一緒に見て欲しいです!

→やる気が出ない時に見て欲しいオススメYoutube7選

上記以外にも皆さんの参考になる記事もあると思うので是非いろいろな記事を見ていってください。

みんなが読んでいる記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です