東陽町から江東運転免許試験場までのアクセスを写真付きで解説【裏校にも実際に行ってみた】

“免許試験受ける人”

・江東試験場までのアクセスが知りたい
・駅から免許センターまでどうやっていくのかなあ
・裏校ってどうなの?!

この記事ではこのような悩みを解決します。

この記事を見ているということは自動車学校を卒業して免許取得まであと一歩という人ですよね。

本番当日になって焦らないように下調べは重要です。

本番当日になって道を間違って試験を受けれなかったなんてなったら時間もお金も無駄になります。

少しでもストレスなく免許が取れるような記事を書いていきます。

“この記事の内容”
✔︎ 江東試験場までのアクセス
✔︎ 当日の持ち物
✔︎ 裏校に関して
✔︎ 【おまけ】近道に関して
“僕はこんな人”
実は1度2012年に免許を取得していましたが
半年以上更新を忘れ20万円ほどかけて
自動車からやり直したアンポンタンです。
無事免許取得することができました。

そもそも免許はどこで取れるのか?

免許を取得するためにはまず自動車学校に行って学科教習(座学)と技能教習(路上運転など)を行って

卒業した人が免許センターに試験を受けに行ってその試験が合格すれば晴れて免許をもらえるようになります。

私は東京で免許を取ったので東京の場合のお話をします。

全国47都道府県の免許センターはこちらのリンクから確認できます。

✔︎ 府中運転免許試験場
✔︎ 鮫洲運転免許試験場
✔︎ 江東運転免許試験場

東京ではこの3つの場所で免許を取得する試験を受けることができますがこの記事では江東運転免許試験場に関してお伝えします。

江東試験場までのアクセス

東陽町駅から江東試験場までのアクセスを写真付きでわかりやすく説明します。

東西線東陽町駅3番出口

TOYOTAのディーラーを右折

数百メートル直進で左手に江東試験場

電車を降りて10分もかからずに東陽町駅から江東試験場までたどり着くことができます。

東陽町駅からのアクセス

東西線の東陽町駅は聴きなれない駅名ですが大手町駅から11分程度着くので比較的都心にある駅です。

東陽町駅を降りると至る所に江東試験場までのアクセスが記載されています。

東陽町駅には出口が5つありますが江東試験場まで最寄りの出口は3番出口なので覚えておきましょう。

地上に出てからのアクセス

駅から地上に出るとすぐに右手に吉野家があります。

試験は朝比較的早い時間にあるので教科書片手に牛丼をだべている人が多くいました。

吉野家を過ぎると右手に運転免許専用の写真屋さんがあります。

更新や紛失の時に来るかもしれないので頭の片隅に置いておきましょう。

写真屋さんを通過して間も無くのところに、江東運転免許試験場の近道」という気になる看板を発見しました。

実際に通ってみたので後ほどレポートしたいと思います。

近道の看板を過ぎると右手にオレンジの看板が目印のサクセス江東校つまり裏校があります。

裏校に関しても実際試験前に行ったので後ほど詳しく説明します。

裏校からまっすぐ行くとローソンとTOYOTAのディーラーがあるので右折しましょう。

TOYOTAからのアクセス

TOYOTAを右に曲がると江東試験場までもう少しです。

1分ほど歩くと左手に江東試験場があります。

ここからは写真撮影NGで写せませんでしたが建物内に案内標識もあるので案内に従って試験を受けるようにしましょう。

試験当日の持ち物

試験当日は意外と持っていくものが多いので忘れないようにしましょう。

✔︎ 筆記用具
✔︎ 仮免許証
✔︎ 本籍記載の住民票
✔︎ メガネやコンタクト
✔︎ 受験料など
✔︎ 本免試験のテキスト

筆記用具などは最悪の場合途中のコンビニや試験会場で借りることができますが仮免許証や受験料金などは借りれないので注意が必要です。

会場や都道府県などにもよって必要なものが違うので卒業した自動車教習所などに再度確認してみても良いですね。

試験前にはテキストも忘れなく持っていきましょう。試験前に見た問題が出ることも多いです。

私は免許取得が2回目ということもあり絶対落ちれなかったので以下の本を購入しました。

オールカラーで見やすいだけではなく試験直前でも嬉しい解説と答えが同じページについているので見直しもしやすいです。

よく忘れがちなのがメガネやコンタクトです。

当日試験を受ける前に視力測定がありますが0.7以上ないとそもそも試験すら受けることができないので必ず持っていくようにしましょう。

当日焦ることのないように事前に準備して試験に臨んでください。

裏校ってどうなの?

運転免許試験を受けるときに必ず名前を聞くのが裏校ですよね。

実際に私も試験前に裏校に行ってきました。

「裏校」とは
当日に行われる運転免許学科試験の予測問題が予習できる場所のことで、裏塾や闇校とも呼ばれる。

早朝530分から空いている学校で受講料金は5,500円と少々お高めですが

使用するテキストは当日の試験とほぼ同じ問題が出るようです。

lここに注意
同じ問題が出るという噂でしたが
正直あまり同じ問題は出なかったようが気がします

受付で受講料と身分証明証が必要になるので忘れないようにしましょう。

ヘッドホンが各席に置いてあって音声が流れています。テキストを見ながら音声を聞いて要点を覚えていくような形式になります。

一通り終わったら試験を受けて解説を先生から聞くを繰り返し行います。

個人的には裏校に行かなくとも上の教材をきちんとやっておけば問題ないです。

コスパもテキストの方がいいのでよっぱど不安な方は裏校にいくようにしましょう。

おまけ ”近道”のルートは本当に近いのか検証してみた

東陽町駅と江東試験場のアクセスのちょうど中間くらいにある「江東運転免許試験場の近道」という看板を覚えていますか?

無事本免試験に合格して免許発行まで時間があったので実際に近いのか検証してみました。

近道の看板を右に曲がると細い路地になるのでまっすぐ直進しましょう。

私が行った時は昼間だったので大丈夫でしたが夜は街灯もなく暗くなると思うので気をつけてください。

まっすぐ行って突き当たりを左に曲がると大きいマンションが右手に見えるのでまっすぐ直進しましょう。

まっすぐ行くと突き当たりなので右に曲がると江東運転免許試験場があります。

免許試験うける人

結局江東試験場までの近道って近道なの?

通常ルートと近道ルートをまとめてみましたが結論変わりません。笑

気持ち少し早いかなというくらいで体感は同じです。

運転免許試験を受ける前はドキドキすると思いますが

しっかり準備をしていったら簡単に合格する試験なので頑張って下さいね!

 

ちょっと宣伝

メモ

を読んでもらってありがとうございます。

このブログでは僕の経験を元にした

  • 偏差値48からTOEIC840点への道のり
  • 無料で見れるおすすめ映画集(主に洋画)
  • 聴く読書のおすすめサービス
  • Googleへの転職の入り口

などなどこれからも発信していきます。

また別記事ではやる気が出ない時にやる気を出させてくれるYoutube動画をまとめたのでこちらも一緒に見て欲しいです!

→やる気が出ない時に見て欲しいオススメYoutube7選

上記以外にも皆さんの参考になる記事もあると思うので是非いろいろな記事を見ていってください。

みんなが読んでいる記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です