【これは迷惑】これだけでいいから知って欲しいジムマナー6選

みなさんこんにちは!coheyです!

初めてジムに行ったり新しいジムに行く時って勝手やルールが分からずに緊張しますよね。僕も現在のジムは4ヶ所目ですが毎回初回は緊張します。各ジムによって各ジムごとの独自のルールはあるともいますが、基本的なジムのルールはどこのジムも同じです。

入会前の見学をする事がほとんどかと思いますが、基本的なマナーを把握しておく事によってそのジムを使っている人のマナー度合いが分かるので入会後に不要なトラブルに巻き込まれるという心配が無くなるというメリットがあります。

今回はジム初心者でも困らないどのジムでも共通している抑えるべきルールをお伝えしていきます。

この記事の対象者
・ジム初心者でルールが分からない方
・ジムのルールをおさらいしたい方

マシンを使ったあとにはきれいにする

言わずもがなですが、ジムは公共施設です。どのジムでも各マシンに備え付けのタオルがあります。汗を書いたりしてマシンが濡れていたら使用後は必ずタオルなどで拭くようにしましょう。

マシンだけでなく、ストレッチマットやランニングマシンを使用した後は、場所にもよりますがモップのようなものが備え付けられている場合が多いので、次の人の事も考えて綺麗にしましょう。

使用時間は20分まで

見るからに人がガラガラの状態だったら問題はないですが、仕事帰りの18時以降はジムは混雑する場合があります。マシンに並ぶという事はあまり見かけないので待っている人がいるかどうかは確実に分かりませんが、待っている方がいると思って最大でも20分以内でトレーニングを行いましょう。

ランニングマシンやエアロバイクなどは台数が多いので、全て埋まるという事はあまりないと思いますが、必要以上に使うのは避けましょう。

複数のマシンを同時に使わない

こちらも同じくマシンの使い方に関してです。同じマシンを同時並行的に使うという事は少ないかと思いますが、よく見かけるのがダンベルの複数利用です。例えば、10キロ、12キロのダンベルを同時に使っているというように複数のダンベルを同時並行して使っている方多いですよね。

1つの重さが終わったら次の重さに変更するなどして、他の利用者の事も考えてトレーニングしましょう。

器具を乱暴に扱わない

ダンベルを乱雑に置いたり、トレーニングマシーンを雑に手を離す人が稀にいますがこちらもマナー違反です。器具や施設を痛めつけるだけではなく、大きな音が出たりして他の利用者を驚かせたり、ダンベルなどは勢いそのままに転がって他の方に危害を加えかねません。最後の1回が終わって雑に手放すのではなく静かに置くところまでがトレーニングと思って取り組むように心がけましょう。

スマホはいじらない

ジムないでのスマホ操作は厳しい目で見る方が非常に多く感じます。混雑している時にトレーニングマシンに座ってスマホをいじりながら休憩してたらいらっときますよね。スマホはジムに持ち込まない方がベターです。スマホをいじっていると気持ちがスマホに向かってしまい、不慮の事故が起きる場合もあります。そもそもジムエリア内でのスマホの持ち込みを禁止しているジムもあるので、マナー違反にならないように気をつけましょう。

写真は気をつけてとる

インスタグラムなどのSNSにジムで撮った写真をあげている方を見かけます。ジム内で撮影していると盗撮に間違えられたりとトラブルの元になります。基本的に写真を撮る際は、他の利用者が写り込まないように注意しましょう。ちなみに、一番のオススメはトイレやロッカールームでやるのがベストです。

ちなみに、ジム内での写真撮影はスマホの持ち込み同様に禁止されている場合があるので、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です