【知らなきゃ損】チャージスポットとは?借り方から返却方法を写真で解説

外出している時に、常に持ち歩いているものって何がありますか?スマホや財布などはもちろんだと思いますが、Wi-Fiやワイヤレスイヤホン、モバイルバッテリーやタブレットなど多くの電気製品を持ち歩いている方は多いと思います。でも使いすぎて電池が無くなっちゃった!なんて事はありませんか?

チャージスポット(ChargeSPOT)は、シェアリング型のモバイルバッテリーなのです!最近ピカチュウのが出ているCMが流れていますね!見たことのある方も多いのではないでしょうか?

1週間ほど前に、外回りの営業中に個人用のスマホと会社用にスマートフォンの電源が無くなって困っていました。だいたいスマホの充電がなくなったときは、電源のあるカフェに探して入るか、ケーブルを持ってないときは100均でケーブルを購入してカフェに入るという超無駄な事をしていました。。今回はカフェに入らずに実際にチャージスポットを利用したので、利用方法に関してお伝えしていきます。

この記事を読んでわかる事
・チャージスポットに関して知りたい方
・チャージスポットの使い方を知りたい方

チャージスポットとは?

改めてチャージスポットに関して説明いたします。チャージスポットは、シェアリング型のモバイルバッテリーで、少し前に紹介したカーシェアのモバイルバッテリー版です。チャージスポットの特徴をまとめてみたので詳しく見ていきましょう。

借りた場所以外でも返却できる

カーシェアチャージスポットも同じような仕組みですが、大きく違うのが、返却できる場所です。カーシェアは基本的に借りた場所でしか返却できませんが、チャージスポットは借りた場所以外でも返却可能です。

なので夜中にスマホの充電を忘れたなんて時には、家の近くでモバイルバッテリーを借りて移動しながら充電をして、会社や学校の近くで返却するなんて事もできちゃいます。

レンタルする場所と返却する場所に関しての制約がないので、場所を機にする事なく自由に行動できるのが、ユーザーにとってはかなり大きなメリットですよね。

料金体系がめちゃめちゃシンプル

チャージスポットには分かりにくい多くのオプションなども無く、料金体系はめちゃめちゃシンプルで、覚えやすいです。

少し借りたい方は、1時間までで150

がっつり借りたい方は48時間までは追加で150円で合計300円

49時間以降は2,280円で買取になります。

余分なオプションなどはないですが、48時間を過ぎてしまうと買取になってしまうので、注意が必要ですね。

チャージスポットの使い方

では、ここからチャージスポットの実際の使い方に関して見ていきましょう。インストールの方法から借り方まで詳しく、解説していきます。

アプリのインストール

まずは、アプリをインストールしましょう。”チャージスポット”で検索するとすぐ出てきますね。下の青いアイコンがチャージスポットのアプリのアイコンです。

検索がめんどくさいという方は、こちらのバナーからどうぞ。

Google Play で手に入れよう

会員登録

アプリをインストールしたら会員登録が必要になります。電話番号を入力してSMS認証を行いましょう。数秒で4桁の暗証番号のようなものが送られてくるので入力して完了になります。

レンタルしたい場所を探す

モバイルバッテリーをレンタルしたい場所を検索しましょう。現在地が黄色と黒のピンで表わされているので、現在地からレンタルスポットを探す事も可能です。

青いピンは、レンタル可能な場所で、灰色のピンが営業時間外などでレンタル不可の場所になっています。借りたい場所が決まったら、青いピンを押しましょう。

写真のようなお店の情報が表示されるので、下の黄色いQRボタンを押しましょう。チャージスポットにQRコードが必ず表示されているので、読み取ります。そのあとに携帯電話のキャリア決済か、クレジットカード支払いを選択しましょう。

実際のモバイルバッテリーを使ってみた感想はこちらから見れるので、参考にしてみてください。

【実体験レビュー】写真付き!チャージスポットを使った感想を公開

返却方法

充電が十分で返却したいという場合は、アプリを開いて返却する場所を探しましょう。レンタルする場合と同様に返却したい場所を検索したり、地図を動かす事によって探す事ができます。

探したい場所が見つかったら返したい場所まで行きましょう。チャージスポットに到着したら、空いている穴にモバイルバッテリーを入れましょう。写真のような感じです。

返却方法がわからない場合には、返却したいチャーイスポットのピンを押すと”返却方法”というバナーが表示されるので、クリックしてみましょう。返却完了の画面が表示されると終了です。実際やってみるとシンプルでかつ非常に簡単でした。

 

注意点

チャージスポットは、もう既に数回利用していますがかなり便利なサービスです。大抵の場所にレンタルできる場所が複数箇所あるので、レンタルしたい時に借りれないという事は少ないのかと思います。

しかし返却する際には注意が必要です。チャージスポットが置かれているお店の営業時間内ではないともちろん返却する事ができません。特に48時間近くレンタルする予定の方はあらかじめ、返却する場所の目星をつけたりするなどして、買取にならないように注意しましょう。

レンタルする際の注意点
48時間をすぎると2,280円で買取りになるので要注意



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です