【実体験レビュー】写真付き!チャージスポットを使った感想を公開

みなさんこんにちは!coheyです。

最近ピカチュウがCMに出ているChargeSPOT(チャージスポット)ってご存知ですか?外出先では、スマホやタブレットやワイヤレスイヤホンなど電気製品を持ち歩く事が多いかと思います。しかし、充電し忘れやゲームのしすぎなどで電池がなくて困った事ありませんか?

チャージスポットは、外出先で借りる事のできるシェアリングサービスで全国に6,000箇所以上レンタルできる場所が設置されていて現在拡大中のサービスです。チャージスポットの詳細な説明やレンタル方法や返却方法に関してはこちらの記事にまとめているので、みてみてください。

【知らなきゃ損】チャージスポットとは?借り方から返却方法を写真で解説

 

今回は、チャージスポットを実際に利用してみたので、そのレビューをしてみたいと思います。まだ使ってない方はぜひ使ってみてくださいね。

 

レンタル手続きが終了したら、チャージスポット からモバイルバッテリーが出てきます。

大きさは、アイフォンより一回り大きいくらいのサイズです。モバイルバッテリーはずっしりしているイメージがありますが、こちらは意外と軽いのが印象でした。

 

充電できるケーブルの種類は

・アイフォンケーブル

・アンドロイドケーブル

・Type-Cケーブル

の3種類があります。Type-Cはあまり馴染みがないかもしれないですが、HUAWEI(ファーウェイ)のスマホや一部のWi-FiやNintendo Switchの充電器などが対象になります。どのケーブルも断線や断線しかけているという事もなく、綺麗な状態でした。

ただ、ケーブルが綺麗に格納されており、非常に取り出しにくかったです。こつは、ケーブルと本体の隙間に溝があるのでそこに爪を入れて引き出すと簡単に取り出す事ができました。最初はめちゃめちゃ取り出すのに意外と苦労しました。

ケーブルを取り出せて、充電したいものと接続できたら、横側にあるバッテリーボタンを押しましょう。長押しではなくワンクリックで電池がつくので充電が開始されます。

 

容量自体は5,000mAで、1時間の充電では容量が減る事がなく、スムーズに充電をする事ができました。ただ、注意点として複数端末を同時に充電する事は不可能です。複数充電したい場合は、代わる代わる充電をするようにしましょう。

 

返却方法は上部にも貼りましたが、こちらの記事に掲載されております。参考にどうぞ。レンタルが48時間を過ぎると、レンタルではなく、買取になってしまうので、要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です